虫による被害:ぶどう農家の独り言☆山梨といったら葡萄でしょ☆



スポンサードリンク

虫による被害

「剪定前」
n 0222001.jpg

「剪定後」
n0222 002.jpg

上の写真は、一ヶ所の畑に巨峰、ピオーネ、甲斐路の3種類のぶどうが混植されており、最近剪定が終わりました。
ここ何年か害虫による木の幹や枝の食害とでもいうのでしょうか、主に表皮を食い荒らされる被害が増えてきたように思います。下の写真をみていただくと、表皮を食い荒らされ幹が茶色く枯れてしまってるのが
解かると思います。以前には山裾の畑ではこうした被害もありましたが、それ以外ではほとんど見ませんでした。
やはり温暖化の影響で害虫の活動期間が長くなったために発生区域が拡大しているかもしれません。

下の方の写真に、黄色く囲みがしてある部分が食害です

甲斐路の食害
n0222 003.jpg

ピオーネの食害
こちらの方がひどく、木が半分枯れた状態でした
n0222 004.jpg
posted by てぬぐい王子 at 12:25 | ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
我が家のブドウの栽培に大変役にたっております。
Posted by 出川 at 2010年11月21日 12:59
我が家のブドウの栽培に大変役にたっております。
甲斐路を今年初めて、30房ほどならせましたが、何か(カラスかな)に食べられ3房しか残りませんでした。
これからの剪定方法を教えてください。
主枝に副枝をどのような間隔でのこすのか、何芽残してきるのかなど。また、防鳥のコツなど
よろしくお願いいたします。
Posted by 出川 at 2010年11月21日 13:05
はじめまして今年3年目になりますが、葡萄の実がたくさんつき収穫を楽しみにしていました。ところが実にひびが入って割れてしまうものが沢山あり腐ってしまうものや皮の割れ目からカビがあるもの、収穫後ひび割れしてしまうものが出来ました。天候の影響なのでしょうか?(暑さなのか雨なのか)水不足また肥料不足なのでしょうか教えて頂けないでしょうか?お願いいたします。住まいは埼玉県です。

Posted by 松村光子 at 2013年09月09日 16:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114631565
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。