日記:ぶどう農家の独り言☆山梨といったら葡萄でしょ☆



スポンサードリンク

桃の開花状況 4月13日

桃のお花見情報
n0413001.jpg

n0413002.jpg

n0413003.jpg

n0413004.jpg

4月13日現在 山梨県笛吹市
標高400m付近の桃の開花状況

もうかなり花びらが散り始めた枝が多くなってきた感じがあります。
ほとんどの品種が満開期を越え、ピークは過ぎたところでしょうか。
この場所より標高の高い場所ではまだ満開に達していない場所もありますので、もうしばらくはお花見できそうです。
posted by てぬぐい王子 at 00:00 | | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

桃の開花状況 4月11日

桃のお花見情報
n0411001.jpg

n0411002.jpg

n0411003.jpg

4月11日現在 山梨県笛吹市
標高400m付近の桃の開花状況

4月11〜12日にかけ、笛吹市では桃の花まつりを開催しております。今年は、開花がちょうど花まつりに合わせたように満開になっている地域が広範囲にわたっており、訪れた観光客の目を楽しませているように思えます。また、高速道路料金の値下げの影響もあるのでしょうが、いつもより車の台数が多く感じます。
posted by てぬぐい王子 at 00:00 | | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

新梢の誘引

誘引前の棚の様子
n0514001.jpg

誘引前の結果母枝の様子
n0514002.jpg

棚下から見た誘引前の新梢の様子
n0514003.jpg

赤線で示した枝が結果母枝で、そこから伸びた新梢を黄線で示してあります。ご覧のとおり、自然に伸びた状態では上方向に真っ直ぐのびているのがお分かりだと思います。この新梢を棚面に固定する作業を行うわけですが、使用する器具として主に、テープナー、誘引テープ、バインド線などがありますが、我が家では作業効率を考えテープナーを使用しています。

誘引後の新梢の様子
n0514004.jpg

先ほどの写真と比べるとよく分かると思いますが、新梢は無造作に固定しているるわけではなく、先端のほうから広がりをもたせるような感じで結果母枝の根元に近い方ほど強く返すように誘引します。これは、根元にちかい枝ほど養分が廻りやすく強い枝になりやすいためで、強く返すことにより枝が強くなるのを防ぐためです。
基本的には上記のとおりですが、枝が込み合っている場所はなかなか思うようにいかない場合がありますが、空間をうまく利用し、時には結果母枝ごと移動して誘引を行うようにして、バランスよく棚面を使用するようにしましょう。
posted by てぬぐい王子 at 13:08 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。