日記:ぶどう農家の独り言☆山梨といったら葡萄でしょ☆



スポンサードリンク

山梨といったらぶどう‥?

「山梨といったら葡萄」などと書いて始まりましたが、実はもう桃の方が生産量的には多いんじゃないかと思います。もし同じくらいの生産量としても、葡萄の生産量は減少しているので、いずれ桃のほうが増えて行く事は間違いないでしょう。

確かに桃の方が同じ面積では収量も多いし、またぶどうに比べて手間がかからないという事も作付面積が増えている要因だと思います。
では、「なぜいまさら葡萄?」と思う方がいると思いますが(あくまで個人的見解になるので反論される方もいると思いますが‥)葡萄の場合、桃より種類がはるかに多く、また品種ごとの作り方も違うので桃より手間もかかるし覚えなければならないことも多くなります。しかし、逆に言えばそれだけ「作っている」という実感が桃よりも大きいという事が言える訳ですね。
つまり簡単に言えば葡萄のほうが桃より作っていて面白いのです。もちろん収入のことも考えなければならないので夢みたいなことばかり言ってられませんが・・・
しかし、そのためにも「より良い物」「より新しい物」「より美味しい物」を生産するために努力を続け、消費者に喜んでいただければうれしいですね。

少し話が堅くなってしまったようですが・・・
これから日々の農作業なんかをお話していきたいと思います。

今回はごあいさつということで

ウインク
ウィンク1.JPG
posted by てぬぐい王子 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。